| 円の人 | 説明書
皮肉におはよう
勇次郎
プロフィール

着眼している人
Mayula
色子

最近のカテゴリ
日常[65]
恋愛[5]
俺様[40]
仕事[7]
記憶[2]
俯瞰思考[10]

SunMonTueWedThuFriSat




123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

2021
123456789101112
21/04/06 (Tue)
大人
ctime: 21/04/06 (Tue) 15:18
採算度外視で政経会セミナーを主宰しているのだが
メインの主催者は別にいて俺はプロジェクターと配布資料をまとめたり
しているのだが、この場合呼びかけは主催者の仕事になるはずだが
中々動きが悪くて困っている。

一番大変なのが、資料作成だと思うのだが、開催日一週間を切っても
参加者の報告がない。

自分で全てやり切れるならいいのだが、そうでもないから結局
毎回、ケツに火がつく。

俺自身も対策を立てていればいいのだが、つい忘れてしまう。

で、どうなってるの?って聞いたら全然進んでいないことが普通なので
お前いい加減にしろとでかかるところを抑えて、冷静に指示を出す。

大人になったな、随分。
21/04/02 (Fri)
一夫多妻制
ctime: 21/04/02 (Fri) 2:03
最近は悩み事相談が凄く多い。
全て女性だが、不思議と男性からは相談されることは無い
と言うよりほぼ皆無である。

男友達は基本的に自分より生活水準が上の人間が9割で一般的な人間はほとんどいない。
なので呑み会は昼間がほとんどで、夜遅くから明け方まで呑むことは無い。

友人の系統によるのだが、広告代理店、エンタメよりの業界人と遊ぶ時は歌舞伎町や
池袋の繁華街がほとんどで、その場合は朝までコースになる。

悩み相談をしてくるような男とそもそも付き合いが無いと言うことになる。

一方で異性は単純に心の拠り所として求めている感じがあるが
線を複数引いているのでややこしい関係になることは無い。

友人が線引きを忘れて、複数の女に振り回されている姿を見ると、事業は得意なのに
どうしてそこが上手くできないのかなと不思議に思った。

体は一つしかないし、複数の異性をいちいち相手にしていては収集がつかなくなる。
手を出すからややこしくなるし、それ以外の何かを失うことになる。

続きが気になる....

21/02/23 (Tue)
週6
ctime: 21/02/23 (Tue) 2:21
他のどんな門下生よりも熱心に
毎日、達人の元に通っている。

仕事はリモートで成り立つ為、スケジュールを道場に
合わせて作っているので必然的に毎日になる。

当たり前だが、上達の速度が全然違うので
周りは驚いていた。

まぁ、だって毎日通ってたらそりゃ覚えるよね。
21/02/19 (Fri)
達人との出会い3
ctime: 21/02/19 (Fri) 6:53
達人の元に通い初めてもう少しで1ヶ月。
距離が近くなる程、凄い人であることがわかった。

とにかく攻撃が痛い。
軽くチョンとやられているのに痛い。
腕なんて折れるんじゃないかと思うぐらい痛いので
フルコンタクト空手の比ではない。

心の話は全くせず、技の原理しか話さない。
心は確かに大事だが、姿勢による呼吸の安定については
語るが、伝統とか格式とか心には一切触れない。

これは凄いなと思った。
達人が話す原理がなぜか自分は一度でわかるので
すぐに再現すると驚かれた。

発勁によるローキックの撃ち方を教わったら一度で出来た。
サンドバックが凄まじく揺れる、力技の比ではない。

鉄山靠で吹っ飛ばすやり方も教わった。

続きが気になる....

21/02/03 (Wed)
拳児
ctime: 21/02/03 (Wed) 12:11
内家拳の先生から提案があり、グループレッスンとは別に個人指導の時間を
設けてくれることになった。

他の人には内緒にして欲しいとのことで、午前中の誰もいない時間帯に
動画を撮りながら教わっている。

理由は老い先長くないので技を残しておきたいとのことで
中国人が絶対に日本人に教えない技の原理を惜しみなく教えてくれた。
なぜそれを教えてくれるのか聞いたら、俺はどうやら信用に値する人間と
判断したらしく、原理は実は非常にシンプルで色々な芸事に転化出来る。

日本人に強くなられたら困るからという理由で一切教えないとのことだった。
劇画の「拳児」さながらだが、他に5年以上通っている弟子がいるのに
どうして自分だけ特別扱いするのかが謎であったが、才能、素質はもとより
人間性で判断されたような気がする。

また、技の原理はどんな教本、DVD、動画にも全く公開はされていない。
直接教わらなければ到底、理解出来る種類のものではない。
21/02/02 (Tue)
現実
ctime: 21/02/02 (Tue) 7:31
音楽性低い奴程、こだわり強いから困るんだよなあ。

そもそも売れないのに、ますます売れなくなる

投票制ライブ反対とかタイムラインに流れてきたけど

そもそも投票されないと思うんだよね。

と口にすると大変なことになりそうなので
ここで吐露。



21/02/01 (Mon)
コロナ詐欺
ctime: 21/02/01 (Mon) 2:48
SNSの誕生日機能が怠いので非表示にした。

コメントにレスポンス返すのがなんだか面倒だったのが理由だけど
あれは人にも気を使わせるからなくていいと思うんだよね。

コメントしないとまずいかな、気にするかなとか。
だから基本的に人の誕生日には余程仲のいい人間意外にはコメントしないことに
してる。

ところで、フェイスブックのタイムラインとか見てみると
防疫商品を販売している業者に対して「コロナ詐欺に加担するのか!」と言った謎の
コメントで荒らしている痛い女、大体アラフォー以降だが、知性の劣化というよりは
情報の取捨選択が出来ないから、あんな痛いコメントを平気でするんだなと。

ワクチンで騒ぐ連中もそうだけど、ああ痛い痛い。
21/01/26 (Tue)
乙川没記念
ctime: 21/01/26 (Tue) 0:12
乙川消えたか。
全くもって興味が沸かなかったが、タイムラインをあれだけ埋め尽くせば
話題にはなるけど、リアルでは卒業アルバムにいても名前すら思い出せないぐらい
誰かに忘れられている存在なのだろうなとは思う。

ネットでつまらん人間はリアルでも確実につまらない。
ネットで面白い人間はリアルでも面白くて、ネット弁慶はリアルでは大人しいという
法則は昔から変わらんね。

最近は姿を見せない連中は恐らくだが、youtuberとかtiktokerに絡んでるんじゃないのかな。

昔は勇次郎憎きで絡んでいた連中もyoutuberとかに矛先変えてるんだと思うね。

シブタクやとむはセクシー系の動画主とかに「おっぱい大きいね」とか卑猥なコメントで絡んでるか、荒野行動とかで同じように変なことしてるんだろうな。

ダンはスピ系の動画主とかに絡んでそうだし、ikayakiは保守系の論客とかにyoutubeとかで絡んでそうだな

そう考えると動画系SNSの発達で絡める人間が増えてから、荒らし系の人間にとっては
ある意味パラダイスなんだろうなと思うね。


21/01/25 (Mon)
お嬢様
ctime: 21/01/25 (Mon) 21:21
そういえばコロナ鬱になっていた、元局アナの女が無双していた為
徹底的にシカトしていたら、グループから抜けて、しかもブロックまでされていた。

確かに若い頃は綺麗だったんじゃないかな。
でもアラフォーになってとうもたっているのに同じような態度だと流石にね。

あれで性格がよければなぁと思うけど
びっくりするぐらい空気読めないし

チヤホヤされて育ち、それが当たり前になるとそんなものなのかね

こっちからブロックしようと思ったけど、無用に恨み買うのも嫌だなと思ったら
相手から消えてくれたので良かった。

男はふられた方が勝ちと思うのだが、こっちから振ったら恨み買うけど
相手からふられたらオールOKだよね。

なので自分から振った、という形にしてあげるのが一番丸く収まるんだよな。

過去に二人ほどこちらから振ったけど、裁判だなんだと謎の暴れ方を二人とも

続きが気になる....

聖人君子
ctime: 21/01/25 (Mon) 20:54
事情があって割愛するけど、ある私塾においては一応は
自分は一角の人間という位置付けになる。
先生という立場で教鞭をふるい、接することになるのだが

学びに訪れる人間は老若男女様々だが、50半ぐらいのある男性の態度が不適切な
為、直接的ではないが関わる人が全て学びとなるように訓示を出したことがあった。

いわゆる、外では先生として長年やってきている為、態度がどうしても偉そうで、それが
抜けないのが他の若者からひんしゅくを買っていることに気がついていない様子で
それとなく指摘したのだが、やはりプライドがあるのかリアクションが不自由というか
悪気はないのかもしれないが、適切な態度に中々なれない様子だった。

別に俺は称えろというつもりもない。
普通に学ぶ人らしい態度で振る舞って欲しいだけのことで何かを要求している
訳ではない。

鉄は熱いうちに打てとは言ったものだが、やはり若い自分に道徳というか礼節は学ばなければならない。

若い頃から古典をベースにずっと学んでいた自分から見れば些細なことではあるのだが
50も半を超えると中々難しいようだった。

続きが気になる....

ビジネス保守
ctime: 21/01/25 (Mon) 3:55
昔は私の生き方は自分が決める、私最高みたいなノリだった
女性のある音楽関係者が、40半を手前にして情緒不安定になっている様子だった。

ネガティブなことばかり綴っている訳ではないのだが、これまでのスタイルを否定する
ような投稿が多くて、一般的な目線で見ると「痛い中年おばさんの主張」みたいになっている。

他もアラフォー女性シンガーの知り合いがいるが、彼女もまた同様に痛い路線に流れている。

彼女には男性経験がない大人しめの妹がいたが、20代後半には無事結婚、出産、仕事もバイリンガルの為、中々有能で趣味で音楽をやっている。

後者の方が幸せそうだ。

俺自身も普通なら痛い路線に流れそうだが、そうならない違いを考えてみた。
基本的に、日常的に利他の精神で生活している為、自己中心的な人間とはすぐに距離を置くことにしている、常に知性をアップデートできる環境下に身をおくことで緊張感を保っている。

いわゆる、ビジネス保守の連中のツイートや記事をみていると馬鹿に見える。
情報を安易に金に変えるモデルは熟する前の硬い果実を無理矢理もぎ取る行為に似ている。

情報から副次的に金に変えるのはありだが、三橋貴明のようにyoutuberと絡んだりしているのを見ると、あああの手の人間にしか相手にされないのだなと思う。

続きが気になる....

21/01/23 (Sat)
リターン
ctime: 21/01/23 (Sat) 16:17
非常に専門的な話になるのだが

教わっている合気の技は空手の先生から。
いわゆる勁力については内家拳の先生から
CQCについてはフィリピン武術の先生から

過去には本当にプロ格闘技の道に行こうとしていたのだが
結局は病気になり断念したのだが、今になって本物が近づいてきているのが不思議で
奇妙な縁を感じたものである。

当然、この年齢でリングに上がることはないが、神髄を今このタイミングで知ることの
意味を考えている。

ビジネスの神髄、武道の神髄、音楽の神髄、諸々だが今になってパズルのピースが
合うように全てが集まってきた。

今より若い頃はエネルギーが強すぎて無理だったような気がする
人格もさることながら、とても神髄を掴むことは出来なかったのかもしれないが
思えば、全て若い頃に捨てたものが今戻ってきている感じはする。

続きが気になる....

シンクロシニティ
ctime: 21/01/23 (Sat) 12:28
昔、お世話になった某格闘技団体の先生の名前で検索してみると
未だに現役で、今は全く違う武道のジムを経営していた。

早期から柔術の研究をしていて、あの世代における最後のイケイケ世代だった。

興味な縁があり、自分がトレーニングしていたフィリピン武術に現在はまっているらしい。
個人的にトレーニングは自分でも進めているが、昔世話になった先生が同じものに
はまっていたのがなんとも不思議な感じがした。

フィリピン武術に関してはこれも完全なるプライベートだが、30年以上修行している
方が先生で、だらだらではあるがずっと続けてはいる。
21/01/22 (Fri)
達人との出会い2
ctime: 21/01/22 (Fri) 11:56
着替えて早々に体験した方が早いからと言われて
どんどん色々な技をかけられて、論より証拠といった感じで
とにかく痛いのだが、本物と認めざるを得ない。

手加減しているのはわかるのだが、ドンと肩や背中で体当たりされると
トラックと衝突するとこんな感じなのではないかという衝撃で一瞬、息が出来なくなる。

恐ろしさで表現すると空手の比ではなく、一撃で致命的なダメージを受けることは
明らかで、あの劇画「拳児」の世界そのままでだった。

なんでも海外で普通に米兵相手に組手をしていたらしく
70超えた今でも恐ろしい程強い。

道場の中はまるで総合や空手、キックのような雰囲気でまるでカンフー道場には
到底見えず、設備は凄いのだが趣味の延長線上に存在する為、ビジネスとしては赤字
だが、金儲けに走るのが嫌いらしく、現在のようなスタンスらしい。

生徒は疎らで、ほとんど先生と先輩一人ぐらいしかいない為、ほぼマンツーマンである。

これは秘伝ではないか、と言う技も全て理論的に教えてくれる。

続きが気になる....

達人との出会い。
ctime: 21/01/22 (Fri) 5:29
10代の時に中国武術を学びたかったのだが表演武術のようなものしか
なく、強くなれる気がせずに数回通ってからいくのをやめてしまった。

仕方なく学校では柔道、町道場では空手を学んで相当に強くなったが
本物に触れたいという憧憬はいつまでも消えなかった。
近接格闘技も学んだが、確かに戦闘には強くはなるが何か違うと思った。

リモートワークで東京郊外に疎開した先にオカルト的な感覚ではあるのだが
何か縁を感じて、ネットである内家拳の道場を見つけた。

70歳を超えている先生で柔和な眼差しだったが、身体は獰猛な雰囲気が
全身から溢れていた。



前のページ無し次のページ


2021
123456789101112