| 円の人 | 説明書
皮肉におはよう
勇次郎
プロフィール

着眼している人
Mayula
色子

最近のカテゴリ
日常[65]
恋愛[5]
俺様[40]
仕事[7]
記憶[2]
俯瞰思考[10]

SunMonTueWedThuFriSat




123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

2021
123456789101112
11/11/27 (Sun)
Category:俯瞰思考
自己主張
ctime: 11/11/27 (Sun) 14:33
動画では全く気にならない身体の緩みが
静止画では際立って強調される。
止めていたロードワークを再会させることにした。

人間は何も意識していないとネガティブなことを考える
生き物らしい。

これは誰かに聞いた受売りだけど、確かにそう思う。
仕事中も何かに集中していないと自然と批判的な考えが脳裏を
過ぎる。

こんな時に人と接するとネガティブな印象を与えてしまう。
だからうそ臭くてもいいからポジティブにする必要がある。、

社会に出てから随分と経って、サラリーマンの世界でやっていく
ことを諦めてから逆に見えたことがある。

迷走する人間の多くはやる気がないわけではなく、自分自身の
至らなさと周囲を取り巻く問題、社会環境と会社の諸事情により
ごちゃごちゃに巻き込まれてしまう為、自分自身のアイデンティティを
見失ってしまうこと。

流れが悪いと、自分自身がたとえ有能だったとしても
受入れられなくては一見無意味になってしまう。

人間は弱い生き物だから、短いスパンで今の現状を無価値と判断
してしまう、そこから多分鬱への道が始まるのだと思った。

マーケティングという言葉は何もビジネスだけに限ったことではなく

友人関係、関わるコミュニティ、家族間全てに当てはまる考え方で
今、何が求められているのかを冷静に考えると上手く回り始める。

「自己主張を抑えるのが今は求められている」

というときは抑えればいいだけのことで、自分自身を否定することでは
ない。

表面的には抑えておいて、自分自身を喪失させない、否定をしない
抑えなければいけないところで、なぜか自分自身をも否定していしまう
抑えなければいけないところで自己主張をするから銃殺されてしまうのだ。

歴史的に偉大なる人物はNOを言い続けて、たとえ処刑されても
自己主張を貫き通さなければならないことがある。

それはそれであって、普通に社会生活を送る上においては
別に妥協するのは悪いことではないし、一旦妥協して起死回生の機会を
狙えばいいだけのことである。

俺自身もここらへんの部分が上手に出来ればもっと違う人生があったの
かもと思うが、結果的にサラリーマン続けるのが正しい選択ではなかった
のだから良かったとは思う。

逆に執着が消えてから全てが見えるようになった。

何か思惑とかがあるとどうしても力が入ってしまう
そして俺の場合はそれだと全てが上手くいかないのだ。




※このエントリーへのコメントはログインが必要です。

二面性<<
11/11/26 () 13:08
>>人間観察
11/11/27 ()20:52
2021
123456789101112