| 円の人 | 説明書
皮肉におはよう
勇次郎
プロフィール

着眼している人
Mayula
色子

最近のカテゴリ
日常[65]
恋愛[5]
俺様[40]
仕事[7]
記憶[2]
俯瞰思考[10]

SunMonTueWedThuFriSat




123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

2021
123456789101112
11/12/16 (Fri)
Category:捨てハンがなぜいけないのか
かつてのキャラを捨てた理由
ctime: 11/12/16 (Fri) 7:46
礼儀と謙虚に勝る武器はないって
今更ながらに思う。

上にも横にも下にも礼を尽くせば
物事は勝手にスムーズに進む。

よく媚を売るのは嫌だって言うけど
それは実力者だけにいい顔をするから
媚になるわけで。

接する人間全員に礼を尽くせば
「腰の低い人になる」

そもそも上から目線で人に接する人間って
馬鹿なんじゃないだろうか

謙虚だし素直だよねってこの年になっても
言われるのは自分が無知である自覚の表れで
あるし、物事を知ろうと努力すればより
わからない世界がどんどん広がっていく

ビジュアル系の誰かがプロを目指せば目指すほど
遠く感じたと言っていたけど、まさにそれだと
思った。

現実を知ると無知を思い知らされる。

ネットの勇次郎キャラを辞めたのは現実の自分と
ネットの自分が著しく乖離していることに
嫌悪感を覚えたから。

演じることの無意味さを知ったし、楽しくも
なくなった。

人を馬鹿にすることで、軽々しく見ることで
多くのものを失うことも悟ったし

人を大事にすることで多くのものを得ることが
わかった。

下心で接するわけではなく
ただ真心尽くすだけ

利益は後からついてくるっていうのは
恐らくこういうことなのだと思った。

ただ、会社経営的な初期段階においては
ロジカルに金銭が入る仕組み、利益が残る
仕組みというものを構築する必要性はあるとは
思う。

管理がザルだったら利益は後からついて
くるとはいっても損失が大きい。

例えば多くの恵みをいただいているにも
関わらず、基礎的な準備ができていなければ
幸運の女神は微笑んでいても実際にそれを
現実に具現化させられない。


世界一のギタリストになれる運や未来が
あったとしてもそれ相応の基礎知識と技術を
得ない限りは女神もどうすることも出来ない


類まれなるビジネスのセンスがあったとして
それを最低限度生かす為の「礼儀と礼節」が
なくては年長者に嫌われてしまうから結果
センスがあろうとなかろうと現実にそれを
形として出すことが出来ない。


絵の大御所になれるセンスがあっても
絵を描くという作業がなければ不可能である。

それらを踏まえたうえで
随筆上で無駄に毒を吐くこと、罵詈雑言のやり取りを
することは現実の性格や仕事に著しく悪影響を
与えることがよくわかった為、やめることにした。





コメント
h.yukkie 11/12/16 (金) 8:09
最近の勇次郎さんの随筆は、
ほんとうに読んでいて気持ちが良いです。
Quicksilver 11/12/17 () 0:13
となると誰かは叩かれ損ね
勇次郎 11/12/17 () 6:47
ゆっきー>リアルの自分はいつもこんな感じです。

黒い子>ん?もしやなりすまし坊やのことかな?
※このエントリーへのコメントはログインが必要です。

白日に<<
11/12/14 (水) 6:48
>>捨てることにした
11/12/21 (水)8:14
2021
123456789101112