| 円の人 | 説明書
皮肉におはよう
勇次郎
プロフィール

着眼している人
Mayula
色子

最近のカテゴリ
日常[65]
恋愛[5]
俺様[40]
仕事[7]
記憶[2]
俯瞰思考[10]

SunMonTueWedThuFriSat




123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

2021
123456789101112
12/01/29 (Sun)
Category:俯瞰思考
偏在するもの
ctime: 12/01/29 (Sun) 22:07
例えば、現在の彼氏が友達の元カレ
というのを知っている前提で仲良く
出来るものなのだろうか。

男視点だと、別れ方や付き合い方の
程度によっては正直、人間関係は上手くはいかない。

男は最初の男になりたがる、女は最後の女になりたがる
という話があるけど、そんな性質所以のことなのか。

男が友人の彼女を奪うということはほとんどなくて
女が友人の彼氏を奪うという話はよく聞く話。

友達が夢中になっている様を見て、横取りするように告白して
付き合い、別れて結局、最初に夢中になっていた女の子と男は納まる。

富が世の中に偏在しているのと同様に
異性も又、一部の男と女に偏在している。

ふと思ったのは、それは偏在しているというよりは
あるべきところにそれは集まっているのかもしれないということ。

異性にモテる人間はそれだけの理由がある。
お金にモテる人間もそれだけの理由がある。

いずれも欠落している人間にとっては遠い夢のように感じる
のかもしれないが、きっと法則性はあるのだろう。

お金にモテる人間にはお金にモテるつぼを最初から押さえているのか
後から学んだのかいずれかで、結局は異性にモテるモテないも又
つぼを押さえているのか、後から学ぶのか、いずれかだろう

努力をすれば、お金も異性もあとからついてくる
なんて話を耳にすることもあるが、実際はどうなのだろうか





※このエントリーへのコメントはログインが必要です。

積み重なるもの<<
12/01/10 (火) 13:02
>>何気に子供
12/02/06 (月)1:39
2021
123456789101112