| 円の人 | 説明書
皮肉におはよう
勇次郎
プロフィール

着眼している人
Mayula
色子

最近のカテゴリ
日常[65]
恋愛[5]
俺様[40]
仕事[7]
記憶[2]
俯瞰思考[10]

SunMonTueWedThuFriSat






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30






2019
123456789101112
18/06/07 (Thu)
既婚
ctime: 18/06/07 (Thu) 23:23
成人系のコンテンツの多くに
人妻系が随分増えた気がする。

人妻に興奮する理由には共感は出来ないが
シンプルに欲望のはけ口として存在するのだろう
NTRと言われるものらしいが、村社会では結構普通
だったらしく、誰の子でも子は村の宝ということで
大切に育てたらしい。

肉感的な元上司の妻から、割切をほのめかされた
ことがあったが、それとなくかわした。

ホームレス状態になった時に助けてくれた恩があるし
恩人を裏切るという発想もない。
そもそも不倫が大嫌いで、窃盗性犯罪同様に選択肢が
そこにはない。

ただ、人生一度の大不倫は経験したことはある。
結果から言うと、既婚の事実を相手が隠していた、
告白後も、完全に離婚前提の別居、離婚届は記入済で
相手の仕事都合で今は提出出来ないみたいな話しだった。

それならいいかと思っていたら、事実とは異なり
結果的に昼顔も真っ青のドストライクの不倫。

人生の中で一番SEXをしていた時期で
別れた時は少しホットした。

ただ、基本的に彼女は難攻不落の要塞のような女性で
スキがあるようで全くスキがない。

俺は下心が全くなかったわけではないが、本能的な
ものだけ、要するにオスがメスをみたら感じる脊髄反射
的な感覚はあったが理性が勝っていた。

離婚して、結婚にいく可能性が濃厚だったが
運命の歯車はそうはならなかった。

今思えば、よくあのクラスの女性からベタ惚れされて
いたなと自分でも不思議に思った。

長澤まさみに少し似ていた。

これから先、あれほど濃厚な恋愛をすることは
ないと思う。

波風立たない静かな恋愛と結婚でいい。






※このエントリーへのコメントはログインが必要です。

夜王<<
18/06/07 (木) 22:48
>>アフター
18/06/17 ()8:37
2019
123456789101112