| 円の人 | 説明書
皮肉におはよう
勇次郎
プロフィール

着眼している人
Mayula
色子

最近のカテゴリ
日常[65]
恋愛[5]
俺様[40]
仕事[7]
記憶[2]
俯瞰思考[10]

SunMonTueWedThuFriSat

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031



2021
123456789101112
21/01/19 (Tue)
デート
ctime: 21/01/19 (Tue) 0:04
先日知り合いになった夜の店の子から
デートに誘われて、普段なら絶対にいかなようなカフェに出かけてきた。

一度しか会ったことない中での呼び出しだったので
またマルチか何かの誘いかなと思ったら全くそんなことはなく普通にただのお誘いだった。

全額奢るつもりでいたら、普通に「私が誘ったから」と言って普通にカフェの支払いをしてくれた。

そのまま呑んでいたら、怪しい雰囲気になったので帰ろうとしたら
「普通だったらここで、ホテルかどこかに行こうとするのに」と言われたが

それも藪さかではないと思ったけど、俺の中で決めているルールがあって
それで流されたら何かを失う気がしたので、振り切って帰宅した。

罠も何もないが、ここら辺のタガがしっかりしていないとこれから先の人生は暗い
本能的にそう考えてからは諸々自制している。

そう考えると運命のトラップであるような気はした。
二人きりで出かけると大体、そんな雰囲気になるので今後はやはり控えようと思う。

別にモテたいと考えている訳ではない、ただ仕事や人生をスムーズに動かそうとする立ち振る舞いとスタンスが結果的にそうなっているだけのことである。

そこで酒池肉林になると運命のレールがなんとなくだが、外れて奈落が待っているような気がするのだ。





※このエントリーへのコメントはログインが必要です。

無価値<<
21/01/12 (火) 3:44
>>乙川の乱
21/01/20 (水)3:42
2021
123456789101112