| 円の人 | 説明書
皮肉におはよう
勇次郎
プロフィール

着眼している人
Mayula
色子

最近のカテゴリ
日常[65]
恋愛[5]
俺様[40]
仕事[7]
記憶[2]
俯瞰思考[10]

SunMonTueWedThuFriSat




123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

2021
123456789101112
21/01/22 (Fri)
達人との出会い2
ctime: 21/01/22 (Fri) 11:56
着替えて早々に体験した方が早いからと言われて
どんどん色々な技をかけられて、論より証拠といった感じで
とにかく痛いのだが、本物と認めざるを得ない。

手加減しているのはわかるのだが、ドンと肩や背中で体当たりされると
トラックと衝突するとこんな感じなのではないかという衝撃で一瞬、息が出来なくなる。

恐ろしさで表現すると空手の比ではなく、一撃で致命的なダメージを受けることは
明らかで、あの劇画「拳児」の世界そのままでだった。

なんでも海外で普通に米兵相手に組手をしていたらしく
70超えた今でも恐ろしい程強い。

道場の中はまるで総合や空手、キックのような雰囲気でまるでカンフー道場には
到底見えず、設備は凄いのだが趣味の延長線上に存在する為、ビジネスとしては赤字
だが、金儲けに走るのが嫌いらしく、現在のようなスタンスらしい。

生徒は疎らで、ほとんど先生と先輩一人ぐらいしかいない為、ほぼマンツーマンである。

これは秘伝ではないか、と言う技も全て理論的に教えてくれる。
気だ呼吸だは少しだけ出るが、それがメインではない。

20年以上の疑問が一時間で解決したのはここだけである。
※このエントリーへのコメントはログインが必要です。

達人との出会い。<<
21/01/22 (金) 5:29
>>シンクロシニティ
21/01/23 ()12:28
2021
123456789101112