| 円の人 | 説明書
皮肉におはよう
勇次郎
プロフィール

着眼している人
Mayula
色子

最近のカテゴリ
日常[65]
恋愛[5]
俺様[40]
仕事[7]
記憶[2]
俯瞰思考[10]

SunMonTueWedThuFriSat


12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031


Category:捨てハンがなぜいけないのか
11/12/16 (Fri)
Category:捨てハンがなぜいけないのか
かつてのキャラを捨てた理由
ctime: 11/12/16 (Fri) 7:46
礼儀と謙虚に勝る武器はないって
今更ながらに思う。

上にも横にも下にも礼を尽くせば
物事は勝手にスムーズに進む。

よく媚を売るのは嫌だって言うけど
それは実力者だけにいい顔をするから
媚になるわけで。

接する人間全員に礼を尽くせば
「腰の低い人になる」

そもそも上から目線で人に接する人間って
馬鹿なんじゃないだろうか

謙虚だし素直だよねってこの年になっても
言われるのは自分が無知である自覚の表れで
あるし、物事を知ろうと努力すればより
わからない世界がどんどん広がっていく

続きが気になる....

11/12/13 (Tue)
Category:捨てハンがなぜいけないのか
負け組み思考
ctime: 11/12/13 (Tue) 4:02
二面性に似た裏表な自分に耐えられず
透明性を保つようにした。

それは何もネットに限らず現実においても
かくあるべきと思う自分である為に意識を
高いところにおいている。

勇次郎随筆は赤裸々になんでも綴っていた
読み手にはある意味、どうしてこのような
ことを書くのか、人によっては全く理解
出来ないという話が多かった。


前までは二面性を容認していたのだが
最近は嫌悪感・・いや嫌悪感ではなく
どうしてもそれをやる気になれないのだ。

ネットにおける二面性は恐らく「負け組みスパイラル」
の一つなのだと思った。

続きが気になる....

11/12/11 (Sun)
Category:捨てハンがなぜいけないのか
思うことがあり
ctime: 11/12/11 (Sun) 22:55
随筆を作り直したきっかけを
前に説明したことがあったけど、もう一つ
理由がある。

裏表なくリアルの人間とは接して
いるつもりだったが、お世話になっている
社長の不満話を書いたりしている内に
ないなと思ったからやめた。

匿名性が高いから何を書いても
いいと言うものではないと思ったから。

公私供に透明性の高い人間でありたいと思ったこと。

表ではいい顔しているのに
ネットでは不満を書いているというのでは
何かがおかしい。

ネタレベルであればまだわからなくもないが
良心の呵責に耐えられない為やめることにした。

続きが気になる....

11/11/27 (Sun)
Category:捨てハンがなぜいけないのか
人間観察
ctime: 11/11/27 (Sun) 20:52
「他人の仕業に見せる自作自演に飽きた」
バレていないと感じている稚拙さが痛々しく感じる。
大変残念な話だが彼とはもうこれまでだろう。


まぁそれはさておき

人間に非常に興味があるわけで
仕事中も常に誰かを観察している
観察というと傲慢に聞こえるかもしれないから
「見ている」という表現に変えてみる。

好きなものは誰だってじっと見てしまう
俺は人間を見ているのが好きだからじっと見てしまう。
そして接している人間の多くの情報を俺は把握している
それは誕生日だったり血液型だったり家族構成だったり

前に会社内で泥棒騒ぎがあったら犯人が誰かがわかる
という話をしたことがあるが、それも人間を常に見ている
からである。

続きが気になる....

11/11/26 (Sat)
Category:捨てハンがなぜいけないのか
二面性
ctime: 11/11/26 (Sat) 13:08
悪い意味で二面性のある人間は幸せになれない。

本人は隠している二面性だと思っているが
隠しているはずの陰の部分が表の自分に対して
「雰囲気」として密接に関わっている為、自分で自分の
足を引っ張っているということになる。

「表面ではおべんちゃら、裏では悪口陰口雑言」

「表面では普通の人、裏ではステハンで荒らす。」

5年前を振りかって、現在まで生活や考え方や
環境が変わっていない人間はその手の種類の人間だと思えばいい。

そして今から5年後も全く変わらないということになる。

今の自分に満足している人は5年前に何を思い、今日まで何を
してきたか、それにかかっている。

4年前に誓ったことがある、このまま進めば5年後・・・一年後には

続きが気になる....


前のページ無し次のページ無し