| 円板 | 円の人 | カテゴリ | 運営者 | 説明書


rui's blog+*

DAYBREAK'S BELL

澄みわたる未来が来たなら草花も兵器に
宿るだろう My wishes over their airspace.
誰か揺り起こして悪い夢から覚ましてよ
叶うのなら My life I trade in for your pain.
どれだけ祈れば 天に届く?

プロフィール
お名前:涙李-rui-
親友の数は2。

<< 19年 09月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930





19/08/23 (金)
8:49
血圧77/38脈54体温35.4


「何時までもついて行きます。」と誓った君の嘘をね

” 本当 ”にしたいからタイムマシーンで過去へ行こう

果たされない約束なんてしたくない

飛行機雲は「此処までです。」と線を引きました




「明日ね。」って云いワケ

そんな毎日だね

「流れ星見たいな...。」って君がせがんでいた

続きが気になる....

19/08/19 (月)
23:00
血圧99/42脈72体温37.2


春原「よう岡崎 それと便座カバー」「よし!飯食いに行くか それと便座カバー」
岡崎「俺は飯だけでいい」「また学食か 今日、お前何食う気だ?」
春原「ん?そうだな カツ丼かな それと便座カバー」
岡崎「すごい食い合わせだな……」「ったく、気楽そうでいいよな、おまえは。ぜんぜん先のこと、考えてなさそうでさ」
春原「これでもちゃんと考えてるっての。将来のこととかさ それと便座カバー」
岡崎「また、しょうもないこと並べて考えてるんだな」「お前、そんなだから、馬鹿だって思われるんだぞ」
春原「馬鹿だと?今僕に馬鹿っていったな!それと便座カバー」
岡崎「いや、便座カバーとは言ってない」
春原「こう見えても昔は神童って呼ばれてたんだぞ!それと便座カバー」
岡崎「両極端だな」
春原「ふぅ あの頃はなんにでもなれると思ってたのにな。飛行機のパイロットや 学校の先生や 警察官 それと便座カバー」
19/08/04 ()
19:27
血圧90/56脈159体温37.4


ジタン「ダガー!!」
ダガー「これが…… あなたの出した答えなの?」

 2人でシェルタドラゴンを撃破する。
ジタン「ダガー……」
ダガー「そうやって自分だけで解決しようとするのね……」
ジタン「わかってくれ…… みんなを巻き込みたくないんだ……」
ダガー「わたし達仲間じゃないの!?」
ジタン「そう思ってる! そう思ってるからみんなを…… オレはガイアの人間じゃない…… ひとつ間違えばオレがアレクサンドリアを破壊していたかもしれないんだぞ……そんなオレがのうのうとみんなと一緒にいられるか!?」
ダガー「……ジタンはいつも、わたし達を見ていてくれたわ……でもジタンはわかっていない…… わたし達もジタンの事を見ていたって事!
ジタンがわたし達を見ていたようにわたし達もジタンの事見ていた!!
ジタンがわたし達を信じてくれたように、わたし達もジタンの事を信じていた!!
ジタンがわたし達を守ってくれたように……守ってあげたいの…… ジタンを……」
ジタン「ダガー……」
19/07/30 (火)
23:41


1260
渚「朋也くん」
朋也「どうした」
渚「窓の外、見てください」
渚「とても、きれいです」
朋也「え?」
渚「もし・・・」
渚「町に人と同じように、意志や心があるとして・・・」
渚「そして、そこに住む人たちを幸せにしようって・・・」
渚「そんな思いで、いるとしたら・・・」
渚「こんな奇跡も、そんな町のしわざかもしれないです」
渚「でも、それは奇跡じゃないですよね」
渚「町を大好きな人が、町に住み・・・」
渚「人を好きな町が、人を愛する・・・」
渚「そんな、誰にでもある感情から生まれるものです」
渚「この町だけじゃないです」
渚「どんな町だって、そうです」
渚「わたしたちは町を愛して、町に育まれてるんです」

続きが気になる....

19/07/26 (金)
23:38

Yo!SAY 夏が胸を刺激する

ナマ足 魅惑のマーメイド

出すとこ出してたわわになったら

宝物(ほんもの)の恋はやれ爽快っ



ゴマカシきかない薄着の曲線は

確信犯のしなやかなSTYLE

耐水性の気持ちに切り替わる

瞬間の眩しさはいかがなもの

ココロまで脱がされる

続きが気になる....

23:34
血圧80/39脈58体温37.7

イデア
「すいません、小さな男の子が来ませんでしたか?」

スコール
「心配しなくてもだいじょうぶ。結局、あの子はどこへも行けないんだ」

イデア
「私もね、そう思うわ。かわいそうだけど仕方がないもの」


スコール
「……生きていたのか!?」

イデア
「……魔女ね?」

スコール
「そうです、ママ先生。俺たちが倒したはずなのに……。ママ先生、さがってください」

続きが気になる....

19/07/22 (月)
19:32
血圧83/51脈57体温34.6


凍えそうな 季節に君は

愛をどーこー云うの?

そんなん どーだっていいから

冬のせいにして 暖め合おう


TVを消し忘れ孤独さえもド忘れで

乾燥した時間に喉を傷めてる

AM0:00解禁で見られる明日のビジョンは

大事なとこに来てモザイクがかかる

続きが気になる....

19/07/21 ()
23:24
血圧85/57脈69体温37.0


リノア
「どうなっちゃうのかな、わたし」

スコール
「……気にするな。昔から良い魔女はたくさんいた。イデアもそうだった。リノアもそうなればいい」

リノア
「でも、イデアは……。わたしだってアルティミシアが中に入ってきたらどうなるかわからない。
 宇宙ではあやつられてアデルの封印を解いてしまったし……。今度は……どうなるんだろう。今度は……何をしちゃうんだろう。
 世界中を敵にまわして……戦うのかな……いやだな……こわいな」

(リノア……。世界中を敵にまわしてもだいじょうぶ。
 俺が……。俺は……そう、魔女の騎士)

リノア
「わたしがアルティミシアに操られて暴れたら……SeeDは、わたしを倒しに来るでしょ?SeeDのリーダーはスコール……そして……そしてスコールの剣がわたしの胸を……。
 でも、スコールならいいかな。スコール以外ならやだな。ね、スコール。もし、そうなった時は……」

続きが気になる....

19/07/18 (木)
20:18

■ステータス

HN:るい

年齢:自称21歳

職業:ご飯作っとる仕事

病気:特になし。強いて言うなら広い意味で高血圧

装備:服装→清楚な感じ
   髪型→黒髪ウェーブ
   アクセサリ→手首にてきとーにシュシュ付けてる
性格:めちゃくちゃ悪い

口癖: それと便座カバーってことにしといて

靴のサイズ:23

続きが気になる....

20:10

■ステータス

HN:るい

年齢:自称21歳

職業:ご飯作っとる仕事

病気:特になし。強いて言うなら広い意味で高血圧

装備:服装→清楚な感じ
   髪型→黒髪ウェーブ
   アクセサリ→手首にてきとーにシュシュ付けてる
性格:めちゃくちゃ悪い

口癖: それと便座カバーってことにしといて

靴のサイズ:23

続きが気になる....

19:51
血圧88/44脈52体温34.9
1241
そしてともやくんはしおちゃんの元に戻るぞ、と
朋也「見つかったか」
汐「・・・ううん」
汐「・・・みつからなかった・・・」
朋也「そっか・・・仕方ないな」
朋也「また、新しいの買ってやるからさ」
汐「・・・・・・」
汐「・・・あれはひとつだけだから」
朋也「ん?ひとつだけって、何がだよ。たくさん、売ってただろ?」
汐「・・・えらんでくれて・・・かってくれたものだから」
汐「・・・はじめてパパに」
朋也「・・・汐」
朋也「じゃ、おまえには・・・大切なものだったんだな・・・」
汐「・・・・・・」
汐「・・・うん」
朋也「汐・・・」
朋也「寂しかったか」
汐「・・・うん」

続きが気になる....

19:04
血圧88/44脈52体温34.9
1241
そしてともやくんはしおちゃんの元に戻るぞ、と
朋也「見つかったか」
汐「・・・ううん」
汐「・・・みつからなかった・・・」
朋也「そっか・・・仕方ないな」
朋也「また、新しいの買ってやるからさ」
汐「・・・・・・」
汐「・・・あれはひとつだけだから」
朋也「ん?ひとつだけって、何がだよ。たくさん、売ってただろ?」
汐「・・・えらんでくれて・・・かってくれたものだから」
汐「・・・はじめてパパに」
朋也「・・・汐」
朋也「じゃ、おまえには・・・大切なものだったんだな・・・」
汐「・・・・・・」
汐「・・・うん」
朋也「汐・・・」
朋也「寂しかったか」
汐「・・・うん」

続きが気になる....

12:22
血圧88/44脈52体温34.9
1241
そしてともやくんはしおちゃんの元に戻るぞ、と
朋也「見つかったか」
汐「・・・ううん」
汐「・・・みつからなかった・・・」
朋也「そっか・・・仕方ないな」
朋也「また、新しいの買ってやるからさ」
汐「・・・・・・」
汐「・・・あれはひとつだけだから」
朋也「ん?ひとつだけって、何がだよ。たくさん、売ってただろ?」
汐「・・・えらんでくれて・・・かってくれたものだから」
汐「・・・はじめてパパに」
朋也「・・・汐」
朋也「じゃ、おまえには・・・大切なものだったんだな・・・」
汐「・・・・・・」
汐「・・・うん」
朋也「汐・・・」
朋也「寂しかったか」
汐「・・・うん」

続きが気になる....

12:20
血圧88/44脈52体温34.9
1241
そしてともやくんはしおちゃんの元に戻るぞ、と
朋也「見つかったか」
汐「・・・ううん」
汐「・・・みつからなかった・・・」
朋也「そっか・・・仕方ないな」
朋也「また、新しいの買ってやるからさ」
汐「・・・・・・」
汐「・・・あれはひとつだけだから」
朋也「ん?ひとつだけって、何がだよ。たくさん、売ってただろ?」
汐「・・・えらんでくれて・・・かってくれたものだから」
汐「・・・はじめてパパに」
朋也「・・・汐」
朋也「じゃ、おまえには・・・大切なものだったんだな・・・」
汐「・・・・・・」
汐「・・・うん」
朋也「汐・・・」
朋也「寂しかったか」
汐「・・・うん」

続きが気になる....

19/07/14 ()
17:28
血圧80/43脈53体温34.2


渚「わたし・・・がんばれました・・・」
朋也「ああ。そうだ・・・やったんだよ、渚・・・」
朋也「聞こえるだろ、俺たちの子供の泣き声・・・」
渚「はい・・・」
朋也「ほら、最初に抱いてる俺・・・」
渚「はい、かわいいです・・・」
朋也「ああ・・・俺たちの子だぞ。汐だ」
なぎさちゃんは「しおちゃん・・・」
朋也「あれがついてないから、女の子じゃないかな・・・」
朋也「そうですよね、早苗さん」
朋也「ほら、やっぱりそうだ・・・女の子だ・・・」
朋也「元気な女の子だぞ・・・」
渚「よかったです・・・」
朋也「ああ、よくやった・・・本当に・・・」
渚「はい・・・」
渚「・・・・・・」
渚「でも・・・」

続きが気になる....


前のページ無し次のページ