| 円板 | 円の人 | カテゴリ | 運営者 | 説明書


rui's blog+*

DAYBREAK'S BELL

澄みわたる未来が来たなら草花も兵器に
宿るだろう My wishes over their airspace.
誰か揺り起こして悪い夢から覚ましてよ
叶うのなら My life I trade in for your pain.
どれだけ祈れば 天に届く?

プロフィール
お名前:涙李-rui-
趣味はネイル。

<< 19年 8月 >>




123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031








書庫:19年 8月
19/08/23 (金)
8:49
血圧77/38脈54体温35.4


「何時までもついて行きます。」と誓った君の嘘をね

” 本当 ”にしたいからタイムマシーンで過去へ行こう

果たされない約束なんてしたくない

飛行機雲は「此処までです。」と線を引きました




「明日ね。」って云いワケ

そんな毎日だね

「流れ星見たいな...。」って君がせがんでいた

続きが気になる....

19/08/19 (月)
23:00
血圧99/42脈72体温37.2


春原「よう岡崎 それと便座カバー」「よし!飯食いに行くか それと便座カバー」
岡崎「俺は飯だけでいい」「また学食か 今日、お前何食う気だ?」
春原「ん?そうだな カツ丼かな それと便座カバー」
岡崎「すごい食い合わせだな……」「ったく、気楽そうでいいよな、おまえは。ぜんぜん先のこと、考えてなさそうでさ」
春原「これでもちゃんと考えてるっての。将来のこととかさ それと便座カバー」
岡崎「また、しょうもないこと並べて考えてるんだな」「お前、そんなだから、馬鹿だって思われるんだぞ」
春原「馬鹿だと?今僕に馬鹿っていったな!それと便座カバー」
岡崎「いや、便座カバーとは言ってない」
春原「こう見えても昔は神童って呼ばれてたんだぞ!それと便座カバー」
岡崎「両極端だな」
春原「ふぅ あの頃はなんにでもなれると思ってたのにな。飛行機のパイロットや 学校の先生や 警察官 それと便座カバー」
19/08/04 ()
19:27
血圧90/56脈159体温37.4


ジタン「ダガー!!」
ダガー「これが…… あなたの出した答えなの?」

 2人でシェルタドラゴンを撃破する。
ジタン「ダガー……」
ダガー「そうやって自分だけで解決しようとするのね……」
ジタン「わかってくれ…… みんなを巻き込みたくないんだ……」
ダガー「わたし達仲間じゃないの!?」
ジタン「そう思ってる! そう思ってるからみんなを…… オレはガイアの人間じゃない…… ひとつ間違えばオレがアレクサンドリアを破壊していたかもしれないんだぞ……そんなオレがのうのうとみんなと一緒にいられるか!?」
ダガー「……ジタンはいつも、わたし達を見ていてくれたわ……でもジタンはわかっていない…… わたし達もジタンの事を見ていたって事!
ジタンがわたし達を見ていたようにわたし達もジタンの事見ていた!!
ジタンがわたし達を信じてくれたように、わたし達もジタンの事を信じていた!!
ジタンがわたし達を守ってくれたように……守ってあげたいの…… ジタンを……」
ジタン「ダガー……」

前のページ無し次のページ無し