| 円の人 | 説明書
ケニア51
励起子
プロフィール

着眼している人
勘助
COBALT

SunMonTueWedThuFriSat






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031





2018
123456789101112
18/06/11 (Mon)
車を買いました
ctime: 18/06/11 (Mon) 23:24
だから何だって感じだろうけど。
18/04/23 (Mon)
AVICII追悼
ctime: 18/04/23 (Mon) 23:37
オレと同い年だったんだな。

早いよ。。。

Wake up, it's all over now. So hollow without you.
17/12/11 (Mon)
あああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!
ctime: 17/12/11 (Mon) 19:13
セックスしてえええええええええぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!!

セックスがしてええよおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!!!!!!!
17/08/15 (Tue)
円の人の終焉
ctime: 17/08/15 (Tue) 19:00
もうアクセスがガタガタではないか‥
17/08/08 (Tue)
中央線からやる気を感じない
ctime: 17/08/08 (Tue) 7:27
とりあえず本気出せ
17/07/06 (Thu)
ギャンブル中毒の天才
ctime: 17/07/06 (Thu) 7:42
16世紀イタリアの医者・占い師であったカルダノは、筋金入りのギャンブル中毒であった。彼はどうしてもギャンブルで勝ちたくて、必勝法の研究に没頭し、その結果として今日まで受け継がれている確率論の基礎を作り上げることになった。そのため現在カルダノといえば一般的には数学者、とりわけ確率論の始祖として知られている。

そんな彼の数学人生のなかでも最大の偉業と言えるのは、確率論に関してではなく虚数の発見と活用だと個人的には考えている。彼は三次方程式の解の公式のなかに虚数を登場させ、これによって人類ははっきりと虚数の存在を認めざるを得なくなった。

いまでは誰もが当然のように恩恵を受けている電気回路や化学反応や金融システムなどの背後にも、本質的に虚数が関わっている。カルダノが虚数を発見しなかったら、それらの本格的応用はあるいは来世紀頃だったかも知れない。

こんな逸話がある。彼が散々ギャンブルを研究して辿り着いた必勝法は、「ギャンブルに手を出さないこと」だったらしい。
17/03/06 (Mon)
高校の授業科目
ctime: 17/03/06 (Mon) 18:04
数学っていう科目は無くしてもいいかも知れない。その代わり哲学と論理学を必修にしてその中に純粋数学を組み込む。

んで、数学を使わないと解けない問題を理科と社会の中にたびたび登場させることで応用数学を扱う。

外国語は本来複数の選択肢があるべきで、事実上英語しか選択できなくなっている現状は変えるべきだと思う。

古典の授業には文化を継承させることの他に歴史の解読者を育成する意味もあるはずなので、かじる程度でもよいから言語学のアプローチに触れる機会を作ってもいいかも知れない。

そんなことをぼーっと考えながらホラースポットめぐりの計画を立案中。
17/03/04 (Sat)
データを読めないってのは噴飯ものなんだなってつくづく思った
ctime: 17/03/04 (Sat) 2:01
早く部屋を片付けないといけないわ。洗濯物が多いなあ笑

突然だけど、年代によってほとんど変わらないか、あるいはむしろ減少傾向にあるものといえばなんでしょうか。石油の可採埋蔵量とか?いやそれは増加傾向かと。凶悪犯罪の発生件数。まあそれも正解かも。

ここで、世界各国の労働時間の推移を見てみましょう。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3100.html

ほとんど変わらないか、あるいはむしろ減ってますねえ。その中でも急速に減ってる国を挙げるとすれば、例えば韓国と日本ですかね。この2つの国の共通点はなんでしょうか。血液型性格分類が幅を利かせていること?まあそれも正解かも。

他にはこんな共通点がありますねえ。
http://ecodb.net/ranking/wb_tfrtin.html

スウェーデンは最初はぐんぐん下がってたのに、途中でまた増えちゃってますね。その後またちょっと減って、再び少し増えて‥なんででしょうかね。

世界各国の出生率の推移を見てみましょう。スウェーデンに注目ですね。参考までに。
http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/whitepaper/measures/w-2014/26webhonpen/html/b1_s1-1-5.html

「モーレツ社員」「企業戦士」そんな言葉が謳われたのは、団塊の世代がちょうど20代に差し掛かった頃。労働環境というのはデータの読めない馬鹿が考えているほど単純に決まるのではなく、産業構造やら価値観やら世界情勢やらでいくらでも変動するもの。

本当はね、安易に決めつけないで相関係数に基づいて議論すべきなんだよね。数学をまともにやってない相手だとそんな概念通じないのかも知れないけどね。
17/02/18 (Sat)
距離
ctime: 17/02/18 (Sat) 21:59
使い物にならないと感じたら、使い物になる形に自分で改良してみよう。

そうやって素朴な論理は公理主義へと移行し、ユークリッド距離はマハラノビス距離へと変換され、モーメントは任意の次数へと拡張されてきた。

役に立たないと感じたらすぐに捨てるのも一つの方法だけど、役に立つまで悩んでみるのも面白いかも知れない。
17/02/13 (Mon)
円の人のバグ
ctime: 17/02/13 (Mon) 0:57
他人の記事にコメントし終わってトップ画面に戻るときとかに、円の人の旧デザインみたいな緑のページがほんの一瞬だけ表示されることがあるんだけど、この現象ってなんなの?

しかもそこに並んでる記事がぜーんぶ嵐山の卑猥なクソ記事なんだけど‥

wtf is going on here?!?!
17/02/06 (Mon)
ctime: 17/02/06 (Mon) 22:07
大きな関門をなんとか攻略して、ようやくひと段落。思えば、精神的に大変な時期もあったけど、円の人々にも励まされてどうにか乗り越えることができた。親や友人には一切弱音を吐かなかった自分を褒めたいね。ちなみに円の人では弱音吐きまくってたけど。

で、一息ついて油断してたら今度は、全く関係ない別の事務仕事の締切をすっかり忘れてて、さー大変。ま、この事務仕事はそんなにストレスじゃないからいいんだけども、相変わらず詰めが甘いなあと反省。

春ってのは疲れるね。事務仕事は増えるわ、新生活が始まるわで。
17/01/03 (Tue)
想像と応用
ctime: 17/01/03 (Tue) 3:59
想像力がなく、物事を発展させる力のない人間にはなりなくないなあとつくづく思う。

想像力の欠如は迷惑で、つまらなくて、イライラする。

一見つまらない型にはまった授業内容でも想像力ある生徒にかかればいろいろな応用が見えてくる。

一方で、馬鹿者はものすごい大発見にも気づかずに文句ばかり言う。可哀想。

創造性を要求されない世界で過ごしてそれに甘んじるということは絶対にしたくない。
16/12/24 (Sat)
獲らぬ狸の複利計算
ctime: 16/12/24 (Sat) 4:41
年利 100a % で N 年過ごすと元本の額面は (1+a)^N 倍になる。一方、年 100b % でインフレが進行すると N 年後の物価は現在の (1+b)^N 倍になる。

つまり将来の資産価値は [(1+a)/(1+b)]^N であるということだ。N 年後に元本の価値を p 倍にするためには、a = (1+b)p^(1/N) - 1 なる条件が必要である。

アベノミクスによれば b = 0.02 らしいから、10年後に資産価値を2倍にするためには額面上の運用成績として少なくとも年間 9.32 % という値が必要となる。
16/12/15 (Thu)
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ctime: 16/12/15 (Thu) 18:48
勝手に恋して勝手に失恋してやんのwwwwwwwwwwwwwww



クwwwソwwwワwwwロwwwwwwwwwwwwwwwwww



人www畜www無www害wwwwwwwwwwwwwwwwww
16/11/24 (Thu)
EmDrive
ctime: 16/11/24 (Thu) 4:49
マイクロ波空洞共鳴エンジン、いわゆるEmDrive。

これ、かなり怪しい臭いがしていて大変興味深い。

まず発明者が怪しい。特許は取っているが論文がない。いや、一応あるにはあるのだが、論文の体裁を成していない。

理論的には、空洞内で共鳴的に反射するマイクロ波の群速度を制御することで放射圧の差(=推進力)を生み出す装置、と説明される。うーん、怪しい。

何よりも重大な問題は、このエンジンがニュートンの第3法則を破っていること。このことで全世界から猛烈に批判されている。

ところが最近、NASAの研究チームがEmDriveを作製して実験したところ、なんと 1.2 ± 0.1 mN/kW という有意な推進力を得られたとのこと。考え得るあらゆる誤差やミスを検討したが、観測された力を説明するにはどうしても不十分だった、と著者は言っているらしい。この研究結果は査読をパスし、現在は peer review になっている。

いま、世界中の科学マニアやオカルトマニアが沸き立っている。

前のページ無し次のページ


2018
123456789101112