| 円板 | 円の人 | カテゴリ | 運営者 | 説明書


円の人

Nulife

誰にもアクセスされない世界の果てのようなブログ。1000文字以上

プロフィール
お名前:と。
職業はコンサル。

着眼してる人
マー
liil

最近のカテゴリ

<< 20年 02月 >>






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829








20/02/12 (水)
23:03
KIRINJI - 時間がない (Jikanga Nai) (MV)
http://www.youtube.com/watch?v=mgY7V-nB3VI

コントロールzで戻ってコントロールyで戻って

「違国日記」という作品が素晴らしい。
徹底して写実的で、少女の目を通してみた幻想的な世界を残している。
10代の感性というのは、当事者からすればただ現実なだけで面白みがないけど

絵の構図がとにかく素敵だ。俺は圧倒的に構成と構図主義
漫画は感性が漫画の枠組みに落とし込まれたとき歪んで作品になる。額縁が変態して有機的な躍動をみせる

など、年を経ると言葉を繰るのが達者になる、かな
さっき椎名林檎をきいていて思ったけど、退屈な人だと思う、演出と音楽的感性に恵まれている、言葉選びは2流(ファンです

今日はいつも(他の記事を書いているとき)より穏やか
自分が制御できない、プライベートでも制御しているから

自分の人生が手一杯なのに周りの人間が次々溺れていく、引き上げる、溺れる、引き上げる、繰り返し
与えられたものがなくなる瞬間には不平を言う。もともと持っていなかったものであっても

子どもが育っていくのをみるのが好き
この話は誰にもしたことがないかもしれない。あ嘘だあるわ

子どもの頃スポーツをやっていて、レギュラーだった。
怪我をして休んだ2週間の間、自分が居た空間を外から眺めていた。
みるみる変わっていく、適応して、上達していく子どもたち
死生観が変わった

日常の中で足を止めたことはありますか?

たとえば、朝、いつも会社に向かう反対側の電車に乗ってみたり
人ごみの中で足を止めて空を見上げたり
飲み会とか、デートとか、コミュニケーションの最中に息を止めて
やってはいけないと言われていることをやったり、好きな人を傷つけたり

AKIRAだとこう表現されてる
「地球を力いっぱい回すんじゃなくて、自転を止めたときに生まれるエネルギーを使うんだ」
最近読んでないから怪しいけど笑”

人と違う景色、というより、自分でみる景色を習慣に落とし込まないとか
生きているんじゃなくて、能動的に生きてみたりとか
人間は生物だから刺激を受けないように自動的に律されていく、自分の脳みそに

また観念的な話になってしまった…。

触れられない距離で彼方の息づかいだけが聞こえてる
黒い視覚に慣らされた知覚が律動の鮮赤を捕捉する
薄いゴムをだらしなく張り付けたような、身体で
硬質な、君に触れる熱で溶ける、混ざり合う粘液に

みたいな?
昔はスラスラ書けたけど、中々難しい

これは終わりから頭の文章につながるように書いてる、ループがきくように
何度でも味わえたらいいのにっていスを言葉にする試み

食事だから、ジャンクフードでもいいし
けど洒落た料理ばかりだと胃もたれするので、時間をかけてでも良い食材を用意するのが一番いいと考えています。
お名前:


20200211<<
20/02/11 (火) 1:00
>>20200213
20/02/14 (金)0:06