| 円の人 | 説明書
タイトルなし
匿名希望
プロフィール

SunMonTueWedThuFriSat


12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930



2020
123456789101112
20/09/06 (Sun)
Sへ
ctime: 20/09/06 (Sun) 20:15
夕方、30分も歩くと、体温調節がうまくいかないからか、倒れるんじゃないかってくらいカラダものすごく熱くなって、きつくてさ。だから休み休み歩くんだ。公園がみえりゃすぐベンチ探してさ。亀か、ってくらいのろいペースで行きついて腰降ろす。そこで20分くらいボーっとしてしまう。もはや爺だ。むしろ爺なんだと思うことにしてる。だとすればおかしくはないじゃん。実年齢なんか誰も知らないじゃん。表情もめっきりふけてるし。御多分に漏れず俺だって年齢とともに幾分図々しくもなって、他人の目とか気にしないようになって、別に働いてなんかない平日だけど昔、20代前半の頃のような罪悪感はいだかなくなってる。
図書館に着くと最近は「猫町」を読んでる。朔太郎の。なぜか頭に文章が入って来る。読んでると落ち着いてきて、たまにはいい文章にも出会うけど覚えが悪いので引用出来ない。
記憶がだいぶあいまいになってる。眠れてない。昨日とか一か月前の第一日曜の掃除機の音とか明日の夕食とか2年後の今日とか小学生の頃の図画工作の授業とかぽつぽつ思い出したり思いめぐらせてはなんとなくポッカリ穴開いたような頭で、また「猫町」読んでる自分を発見したり、平日二時過ぎベンチに座って和んでる自分を見る。痴ほうっぽい。
しっかり病院通いもしているしな。爺。
そんな日常だよ俺は。
色んな感情や尖った欲望、いやな記憶、楽しさ、哀しさ忘れたよ。
此れまでの自分が堂々巡りの中で失敗を続けてきたのはあったし、まさに愚かなからくりの中で、飽きるような文章ばかり書いていた。今も変わりないかも知れないが、これは自分しか分からない感覚だが、違うステージに入ったなと感じる。ステージ? 俺が今言おうとしているのは、老い、って一般的には言うのかもsれないただそれだけのことだろうとも思う。
でも、ステージをひとつ上がってしまうと、もう降りれないんだなという感覚はわりと真実だ。
別に悪くもない。自分が他の、もっといい他の誰かであったらと無理に足掻く内面との闘いもやめられていく。
まあ、いつになったら眠れるんだろう。次またいつ書く気が起きるかね。でもまた姿を消しても中途半端に戻ってきてこうやって書くんだろうよみみっちく。
お名前:


ユリコへ<<
20/06/13 () 19:18
>>次の記事無し
2020
123456789101112