| TOP | 説明書
ジャズをかける店がどうも信用できないのだが・・・
http://hito.enbbs.jp/essay/index.cgi/19/CategoryList
イカヤキ

プロフィール

着眼している人
べが
樹海

最近のカテゴリ
紅茶[16]
歴史雑考[44]

SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930





2019
123456789101112
18/06/06 (Wed)
思想とか主義とかそういうのを肌で理解するみたいなことってあるじゃん
ctime: 18/06/06 (Wed) 11:08
今さらながら逃げるは恥だが役に立つにハマって全部見たんだが

それで逃げ恥の作中に伏流する価値観というか物事への向き合い方みたいなものについて言いようもない既視感があって
こういうのなんか表現する言葉あったよなみたいな
ずっともやもやしていたんだけど

ふと、そうだ!こういうのを実存主義っていうのでは!?ってひらめいて
それがストンと腑に落ちて肌で理解しえた感覚があってすごく気持ちよかったんだよね

もちろんそんなんで実存主義哲学を理解したとはいえないけど
そういうストンと落ちる感覚ってめっちゃ気持ちいいし誰かに語りたくなるよね
お名前:

トラックバック
■関連する記事を執筆
クリックして執筆画面

■もしくはこの記事へのトラックバックURL

これからの時代は、実存主義的に恋愛すべきだと思う<<
18/05/30 (水) 23:07
>>「君の膵臓をたべたい」がガチで実存主義に全振りした良映画だった件について
18/06/10 ()12:27
2019
123456789101112