| 円板 | 円の人 | カテゴリ | 運営者 | 説明書


TOP

迷走先生日誌(仮)

航空機やら模型に関する記事がほとんどです。

プロフィール
お名前:国分人
職業は学生。

<< 19年 11月 >>





12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930








Category:本の紹介
11/10/03 (月)
21:26
この前に図書室で借りた有川浩さんの自衛隊三部作を返すときに「飛行機とか好きならこれ読んでみたら?」といわれてこの本を借りて読んでみました。

感想は・・・空戦シーンはあまり多くないですがなかなか面白く書かれていると思います。
また、それとは別にストーリも結構面白くて最後のほうはちょっと切なくなってしまいましたw


そういえば、本を返した後に「映画化するらしいよ」とか図書室の先生が言っていたことを思い出したのでネットで調べてみると・・・
http://www.hikuushi-tsuioku.com/
もう公開しているみたいですね。
見てみたい気もするのですが・・・

映画館まで遠いのでDVDのレンタルが始まるまで待つとしますw
11/04/01 (金)
0:18
ちょっと不謹慎なタイトルですが・・・

画像の本は、東野圭吾氏の「天空の蜂」という本です。

どんな内容かというと、自衛隊に納入間近のヘリコプターが何者かによって乗っ取られ、稼動中の原発上空でホバリング。
しかもそのヘリの中には、誤ってこのヘリに乗ってしまった小学生が一人・・・
そして犯人は、「日本中の原発全てを壊さなければ、このヘリを原発に墜落させる」と政府等に警告。
果たしてそこで政府は要求を呑むのか・・・または墜落させられてしまうのか、燃料切れになってしまうのか・・・

というような感じの内容になっています(ネタバレしないように書くのは難しいw)



さて、タイトルとの関係性についてですが(笑)ちょっと前までは、原発事故のことで原発の内部のことやら発電所の仕組みについて解説していましたね。
そしてこの本では、ニュースなどで解説されていたことが結構描写されていて、今ならば簡単に想像出来ます(ニュースを見た人ならばですがw)

ということで、なかなか面白くてハラハラさせられる本なので是非読んでみてはいかが?

前のページ無し次のページ無し