| TOP | 説明書
〜道は続くよどこまでも〜
★ムース★フランキー

プロフィール

着眼している人

最近のカテゴリ
★★★★[86]

SunMonTueWedThuFriSat

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031



Category:このマンガがすごい!
13/09/04 (Wed)
Category:このマンガがすごい!
「御坂君は天上の意志に辿り着けるかな?」
ctime: 13/09/04 (Wed) 23:21

【『とある科学の超電磁砲 (9)』】

[概要]
冬川基、鎌池和馬、 はいむらきよたか


[感想]
 ショクホウさんも人を操れるだけじゃない。
ほぼ何でもアリのチート級能力者。
やはりレベル5の名は伊達じゃない。

 しかし木原幻生、ホラー級の恐ろしさを秘めてるな。
初めてアニメ版で観たときは小物臭しかしなかったけど、
今ではレクター博士を彷彿とさせる風格まで感じるぜ。
レベル5の2人を余裕の笑みで弄ぶとは。
 
 ついにアレイスターの名前や「術式」という単語が登場したことと、
幻生が、イマジンブレイカーを覚醒させようとしているっぽいこと。
(それがメインの企みなのか、壮大なイタズラなのかはわからないが。)

続きが気になる....

13/05/12 (Sun)
Category:このマンガがすごい!
「」
ctime: 13/05/12 (Sun) 7:43

【『童話のしっぽ~ありす in Wonder School~』】

[概要]
・長山 えい (著)

[内容]
 ありすの学校はいつでもワンダーランド!

兎を追いかけて不思議の国に迷い込んだ童話のアリスのように、
日向ありすも1人の男の子を追いかけて、ここ起源学園に入学。
その彼、三笠瑛兎(あきと)君は、本当にありすにとっての兎だった…!?

入学早々、理事長から目を付けられちゃったありすだけど、
どうせ過ごすなら、みんなが楽しめるような最高の高校生活にしたい!
…と、クラスを盛り上げるためにあの手この手でがんばります。

でも、超個性的な双子の兄妹・流斗(ると)と呉羽(くれは)や、
引きこもりの問題児・枝留(える)など、ありすのクラスは変わり者揃い。
さて、学園を舞台にしたありすの冒険はどんな結末を迎えるのか…!?

続きが気になる....

13/05/11 (Sat)
Category:このマンガがすごい!
「」
ctime: 13/05/11 (Sat) 11:54


【『BLOOD ALONE(9)』】

[概要]
高野 真之 (著)

[内容]
 遥か彼方より蠢動する陰謀。
永き幽閉から解き放たれた一人の魔法使い
メルリンの魔の手がミサキにーーー。
それぞれの宿命が生み出した大きなうねりが、
クロエとミサキに襲いかかる!!

[感想]
 珍しくギャグ多目の巻だった。
人が潰れるシーンすらギャグに見えるw
ってか、本筋の展開が遅いわりに用語が多いし
登場人物もさりげなく多いから、前の話結構忘れてるわ。
モトエさんって誰だっけ? 組織はいくつくらいあるの?

続きが気になる....

13/05/06 (Mon)
Category:このマンガがすごい!
アイマス
ctime: 13/05/06 (Mon) 0:39


【『THE IDOLM@STER 1 』】

[概要]
まな (著), 高橋 龍也 (著)

[内容]
13人のアイドルたちを一人ずつ描いていく公式コミカライズ第1巻。
ファーストライブが終わった14話以降、アイドルとして
大きく歩み出した765プロのみんなを描いていく。

[感想]
 アニメ版アイマスの正当なるコミカライズ。
内容も、絵柄も、まさしく正当なアニマスである。
作画の努力をひしひしと感じさせる作品である。
ってか、白黒漫画にするとタカネが一番可愛く見えるな。
しかし、響はもっと評価されるべきキャラクターだと思う。
メンバー中最も将来有望な娘であるように思えてならないのだ。
13/05/04 (Sat)
Category:このマンガがすごい!
「本って すごいわね」
ctime: 13/05/04 (Sat) 10:34

【『図書館の主 5』】

[概要]
・篠原ウミハル (著)

[内容]
「タチアオイ児童図書館」の名物は眼鏡キノコ司書・御子柴と、無敵(?)オーナーの葵さん。
そんなオーナーにも悩める時代があって…!?
葵さんの過去編から、行きて帰りしチビッコの小さな冒険、御子柴の学生時代を知る人物登場と、
新たな物語が紡がれる第5巻。

[感想]
 御子柴は、前の巻だったか?別に本が好きだからという理由で司書をやってるわけじゃない、と言ってた。
本が好きなだけなら自分専用の書庫を作って引きこもるほうがいい、と。
他の選択肢が用意された中で御子柴が今の図書館を職場に選んだ理由って何なんだろう。
それが今後の物語の軸になっていきそうな感じですな。
 今回も、既存の登場人物が掘り下げられてて、人の深さや、
それぞれが過ごし考えてきた時間の濃さが丁寧に描かれてる。
毎回、登場人物たちがそれなりに重い問題を抱えていたり悩んだりしている。

続きが気になる....

13/03/01 (Fri)
Category:このマンガがすごい!
「」
ctime: 13/03/01 (Fri) 21:27

【『アイアムアヒーロー 11 』】

[概要]
花沢 健吾 (著)

[内容]
来栖一派からの救出を受けて、アジトへ招かれた引きこもり・江崎。
そこに居たのは、「生き存えてしまった」人々。

人間が居る。
会話がある。
食事がでる。
しかし、確実に狂っているこの場所で、
江崎は震える手で何を掴むのか……!?

世界は今、研ぎ澄まされていく――
淀むことなかれ。
錆びることなかれ。
生きるとは、抗いがたき衝動に身を任すことだ――

続きが気になる....

13/01/07 (Mon)
Category:このマンガがすごい!
「」
ctime: 13/01/07 (Mon) 22:05

【『クトゥルフ神話の原点 異次元の色彩』】

[概要]
・ハワード・フィリップス・ラヴクラフト (著), 東 雅夫 (監修)

[内容]
 「エーリッヒ・ツァンの音楽」
   フランスのオーゼイユ街という貧民街に、
  奇妙な音楽を奏でるヴィオール弾きの老人が居た。
  彼の音楽に一発で魅了された青年は、部屋に入らせてもらい
  演奏を聞かせてもらおうと考えるのだが……
 「異次元の色彩」
    アーカムの奥地に住む農夫、ネイハム家の井戸の近くに隕石が落下した。
  学者たちが同地に赴き調査したところ、隕石は解析不能で不可思議な性質を持っていることが分かる。
  最初は気にも留めなかったネイハム家であったが、徐々に奇妙な変化が…
  大好評・東雅夫氏による重厚解説を掲載!

[感想]
 本編よりもあとがきの『東京に原発を!』の抜粋が怖ぇぇえ!

続きが気になる....

13/01/06 (Sun)
Category:このマンガがすごい!
「」
ctime: 13/01/06 (Sun) 15:58

【『図書館の主 4』】

[概要]
・篠原ウミハル (著)

[内容]
 キノコ頭でちょっぴり恐れられている人気者。
それが、「タチアオイ児童図書館」の名物司書・御子柴。
かわいい小学生たちに、部活に悩む女子高生、人生に迷ったサラリーマン、
様々な人々が集う図書館では、今日も小さいけれど心に響く物語が!?

[感想]
 『星の王子さま』読んだことあるけど内容覚えてないや。また読みたくなった。
そろそろ御子柴にスポットの当たった物語が読みたいね。
12/12/16 (Sun)
Category:このマンガがすごい!
「」
ctime: 12/12/16 (Sun) 10:43

【『進撃の巨人(9)』】

[概要]
諫山 創 (著)

[内容]
 巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、
巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。
だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。

ついに「女型の巨人」の捕獲に成功したエレン達。だが、
時を同じくして壁の中に眠る「新たなる謎」と直面する。
そして混乱の中、ウォール・ローゼが破壊されたとの急報が届き‥‥。
襲来する巨人の群れ! 新たなる脅威「獣の巨人」!
丸腰の104期兵に危機が迫る!!


[感想]
 相変わらずスピード感溢れる『進撃の巨人』、毎回あっという間に読み終わっちまう。

続きが気になる....

12/11/10 (Sat)
Category:このマンガがすごい!
「」
ctime: 12/11/10 (Sat) 22:38

【『アイアムアヒーロー 10』】

[概要]
・花沢 健吾 (著)

[内容]
比呂美、覚醒…そして新章「来栖編」開幕!

生きるため。生きるため。生きるため。
何故、人は生きる――?

アウトレットモールから脱出後の英雄と藪。
迷いを抱えながら東京方面へ前進する彼らの背後で、
遂に比呂美が覚醒――!!
彼女を脅かすのは、頭に刺さった釘……
極限の状況下で、英雄たちが取る行動とは!?

……そして物語は新たな幕を開ける……
引きこもり。

続きが気になる....

12/10/27 (Sat)
Category:このマンガがすごい!
「」
ctime: 12/10/27 (Sat) 23:37

【『とある科学の超電磁砲8』】

[概要]
鎌池 和馬 (著), 冬川 基 (イラスト)

[感想]
 『とある〜』シリーズらしい一冊だった。
コンゴウミツコ、原作だとやたらカッコいいな。
お嬢様ふたりの見せ場があるのが意外だった。
馬場の外道っぷりも素晴らしかった。
また原作の暗部編を読み返したくなってきたぜ。
フィジカルな能力を使用しない強敵に、
御坂はどう戦い、決着をつけるのだろうか?
12/10/05 (Fri)
Category:このマンガがすごい!
『名探偵コナン』を
ctime: 12/10/05 (Fri) 21:47
 もう一度最初から、最新巻まで読み直したい
12/09/22 (Sat)
Category:このマンガがすごい!
「」
ctime: 12/09/22 (Sat) 19:53

【『とある科学の超電磁砲 7 』】

[概要]
・鎌池 和馬 (著), 冬川 基 (イラスト)

[感想]
 ブックオフで立ち読み疲れた。
『レールガン』ってかなり丁寧に作り込まれてるぶん、
情報量もそれなりにあって、立ち読みには向かない漫画だなと思った。
心情描写も多々あるし、じっくり読むには買うか借りるかだな。
 食峰さんが『禁書』ではお目にかかっていないだけに、
今後はどういう動きをしていくのか気になる次第である。
12/09/13 (Thu)
Category:このマンガがすごい!
「」
ctime: 12/09/13 (Thu) 23:43

【『34歳無職さん 1』】

[概要]
・いけだ たかし (著)

[内容]
 34歳。一般に働き盛りと言われる三十代半ば。
その人生の最盛期に彼女は色々と思うことあって
“1年間何もせずにいよう”と決めます。でもって始まる無職ライフ。
新しい掃除機に一喜一憂したり、夜の街に耳を済ませて銀河鉄道に想いを馳せたり・・・
急がず、焦らず、働かずな無職さんの日常をそっと覗いてみませんか?

[感想]
 まさしく「なにもしないをしてるんだよ」の主人公。
俺があこがれているニートライフを満喫しているわけでもなく
もはや修行僧のように“努めて”なにもしない、目的を持たない、を実践している。
日常の行動ひとつひとつに、主人公の気持ちや感情が丁寧に反映されている。
それでも主人公は自分が生きている意味が見えなくなっていたり、
申し訳程度に社会活動(=買い物)しちゃったりと、何かしらの“縛り”を求めてしまっているようだが。

続きが気になる....

12/08/29 (Wed)
Category:このマンガがすごい!
「」
ctime: 12/08/29 (Wed) 21:10

【『とある科学の超電磁砲 02』】
【『とある科学の超電磁砲 03』】
【『とある科学の超電磁砲 04』】
【『とある科学の超電磁砲 05』】
【『とある科学の超電磁砲 06』】

[概要]
・鎌池 和馬 (著)
・冬川 基 (イラスト)

[感想]
 冥土返しってあんなしゃべり方だったっけ?
せっかくお顔を拝見できそうだったのに。
それにしてもキャラごとの表情の出し方とか、作画がいいな。
木山から、学園都市の非人道的な裏の顔がわずかに言及されたり、
シスターズのことを知っているかのような独り言が出るなど、
外伝とはいいながらも『超電磁砲』からも本編の世界観の核心に向かって
アプローチがなされていくものと見える。
 『アイテム』との絡め方が絶妙だった。

続きが気になる....


前のページ無し次のページ