|    TOP    | 説明書
孤高なカラス
よくきたな兄弟。
狭霧

プロフィール

着眼している人
勘助
d汁
狭霧
池元

最近のカテゴリ
日常[73]
ゲーム[37]
自論[2]
アニメ[16]
時事問題[49]
考察[17]
動画[10]

SunMonTueWedThuFriSat






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031





Category:考察
13/04/02 (Tue)
Category:考察
皇室財閥による支配構造(1)
ctime: 13/04/02 (Tue) 23:58


まず財閥とは、何なのか。こう定義づけられている。

家族または同族によって出資された持株会社が中核となり、それが支配している諸企業に多種の産業を経営させ
ている企業集団であって、大規模な子会社はそれぞれの産業部門において寡占的地位までも占める。

つまり、財閥とは、『封建的な小国家』と言える。


■日本の財閥

日本を代表する財閥には、岩崎家の三菱財閥、三井家の三井財閥、住友家の住友財閥、安田家の安田財閥などと
いった、大企業集団が存在した。
戦後直後、こういった財閥たちは、GHQによって財閥の資産凍結・本社解体をさせられた。

財閥の本社とは、傘下企業の株式を所有・管理している持株会社のことであり、持株会社は事業を行わずに
株式を所有しているだけを目的として設立された会社のことである。持株会社は、戦後しばらく封印された。
持株会社設立が解禁されたのは、独占禁止法が改正された1997年からである。

続きが気になる....

13/03/18 (Mon)
Category:考察
『皇』と『賤』の関係
ctime: 13/03/18 (Mon) 23:59

■八瀬童子

比叡山の西麓に『八瀬』という村があった。現在は、京都市左京区八瀬とされている。

八瀬の里は、比叡山の最寄であるため、平安時代、里人は延暦寺の雑役として従事していた。
寺院の雑役として従事する者は、『童子』と言う。八瀬の童子となり、『八瀬童子』と呼ばれていた。
室町時代になると、この八瀬童子は、天皇の駕輿丁も務めるようになる。
後醍醐天皇を足利尊氏の軍勢から守るため、輿を担ぎ、比叡山へ避難させ、弓矢を持って警護した。
その功績から、後醍醐天皇の綸旨により、
八瀬の里は、歴代の天皇や幕府から、年貢や諸役が免除される特権が付与されていた。

室町時代以降、歴代すべての天皇の大礼・大喪の際に駕輿丁を務めたわけではないが、
禁裏の駕輿丁としても務め、八瀬童子は『天皇の影法師』として活躍していた。

明治天皇、大正天皇、昭和天皇の大礼・大喪の際にも、駕輿丁役として奉仕するが、
昭和天皇の大喪だけ、参列奉仕と霊柩奉仕にとどまった。代わりに駕輿丁奉仕をしたのが皇宮警察である。

八瀬には、最古とされる宮座があるとされる。八瀬の鎮守社である八瀬天満宮には神職がおらず、
宮座の関係者が務めていることになっている。

続きが気になる....

13/02/14 (Thu)
Category:考察
満州の星
ctime: 13/02/14 (Thu) 6:04
北朝鮮が昔の日本のようだと言うが、それには理由がある。
ミャンマーもベトナムも同じだ。

ほとんどの記事にも言えることだが、私の憶測が多く含まれる。


■満州の特務機関

大日本帝国軍には、諜報活動や特殊工作を担っていた組織がおり、それが特務機関と言われた。
ロシア革命を支援した明石機関、インドの独立工作を画策したF機関、ユダヤ人を救出したハルビン機関など
といったものがそれだ。

満州には、特務機関員が多かった。
関東軍直属の情報部(ハルビン機関)、南満州鉄道調査部、甘粕機関などに配属していた者は数知れない。
国家主義結社の玄洋社は、満州義軍に加わったとされる。

金正日の専属料理人だった藤本健二によれば、藤本が金正日と拳銃射撃で的を当てるのを競い合ってたとき、
藤本が的をうまく当てると、「チヨンマルナカノヤ!(本当に中野だ!)」と金正日が賛辞を送る。
この「中野」とは陸軍中野学校のことを指している。陸軍中野学校は、諜報や防諜などの教育訓練を目的とした
陸軍省所轄の軍学校だ。言わばスパイ養成学校だろう。

続きが気になる....

13/01/17 (Thu)
Category:考察
菊と月
ctime: 13/01/17 (Thu) 23:59
古事記では、日の神は天照大御神、月の神は月読神、海の神は須佐之男命であるが、エジプト、ギリシャの神話
では、太陽神が男神となっている。アマテラスは女神とされるが、月読の性別は、よくわかっていない。
一般的には男神だという。
陰陽思想では、陰は女、陽は男、ということになっている。

月読は、古事記や日本書紀の中の記述が極端に少ない。
アマテラス、スサノオと並ぶ三貴子なのに、どういうことか。



1. 月読

伊勢神宮には、皇大神宮と豊受大神宮があり、その間に月読宮がある。
そこはもちろん、月読尊がご祭神だが、他にイザナギ、イザナミも祀られている。
参拝するときは、月読尊が一番先である。

そして、京都最古の神社・松尾大社は、秦氏が造った。松尾神は、古くから酒造りの神として有名である。
その松尾大社の南にある摂社の月読神社がある。月読神社は、月読尊を主祭神とし、高皇産霊尊が相殿に
祀られる。

続きが気になる....

13/01/11 (Fri)
Category:考察
赤い満月
ctime: 13/01/11 (Fri) 7:32
世間を揺るがす騒がせるものがある。世間がそうなっているということは、マスメディアがそう報道しているということだ。
つまり、大手のマスメディアらが一斉に報道しないと、世間が騒がない。
報道内容は事件、事故、災害、なんでもいい。
マスメディアを操れる人間は、世間に影響を与える、動かせるということにもなる。
もし報道が何かを目的としたプロパガンダだとしたらどうなのか。おそろしいことだ。

いろいろな事件を細部まで調べていくと、だんだん見えていくものがある。

それは、この国の『暗部』なのかもしれないと筆者は思う。



1. 『現場』の特徴や歴史

現場を知るのは重要だ。なぜ、そこが現場なのかを知ることである。
その現場の場所には、どのような特徴があるのか、どのような歴史をもっているのか。
例えば、その現場周辺にある施設・建物は何なのか。昔、何があったところなのか。
事件の経緯、前後の人の動き、日付(数字)にも注目するといいかもしれない。
これは捜査の基本だ。

続きが気になる....

13/01/06 (Sun)
Category:考察
京都府綾部市
ctime: 13/01/06 (Sun) 2:57
世界連邦運動などというものがある。
世界中の国家を一つに統合した上で、世界連邦の樹立を目指す国際的な非政府組織のようだ。
国際連合が国際連盟のように解体されたら、この組織が取って代わるのだろうか。

鳩山由紀夫元総理は、昨年11月21日に政界を引退することを明言した。その前の11月8日には、日本にある世界連邦系の
団体である世界連邦日本国会委員会の次期会長に選ばれた。

世界連邦運動は、どういう人と、どういう組織と繋がってるのがあまりわからない。
第三次世界大戦が起きると思わせる前兆がある今の時代では、今後、この組織が重要視されていくかもしれない。


1. 綾部市と世界連邦運動

終戦直後、尾崎行雄ら議員が「世界連邦建設に関する決議案」を国会に提出し、世界連邦建設同盟が結成され、
尾崎行雄が会長に、賀川豊彦が副会長となって活動を開始した。現在は、世界連邦運動協会に名を変えている。

京都府綾部市は、1950年に日本初の世界連邦都市宣言を行う。
(世界連邦都市宣言・・・自治体として世界連邦の実現に努力するという決意表明)
亀岡市も、1955年に同宣言を行う。

続きが気になる....

12/12/27 (Thu)
Category:考察
女系国家
ctime: 12/12/27 (Thu) 18:44
1.女神

神道は多神教だ。最高神は天照大神だが、これは明治時代に決められたもので、元々はそれぞれの地域で、
その地域の神を祀っていた。そのため、日本は多神教だ。
古代エジプト、古代ギリシャ、インド、北米先住民、中南米先住民などのような民族は多神教信仰であり、
母系社会との関連性が強い。逆にキリスト教やイスラム教などの一神教は、父系社会である。
有史以前の人類は、母系社会・母権的であったという説もある。

かつて日本列島のどこかに、邪馬台国があった。
中国の魏志倭人伝には、2世紀末「倭人の国、邪馬台国の卑弥呼という宗教的な権力を持った女王がいた」
「卑弥呼には夫がなく弟が補佐して国を治めた」とある。邪馬台国は、兄弟姉妹で祭政を分担する統治の
形態をしていたことになる。夫がいないとされるが、卑弥呼のお世話をする男子がいたとされ、当時は
事実婚だったことを考えると、事実上の夫はいたのかもしれない。
古代琉球王朝でも、邪馬台国と似た兄弟姉妹による統治で、政治を行う男(王)と並ぶ、宗教を統べる最高司祭
に女がおり、その女性が聞得(きこえ)大君だった。聞得大君は、王のオナリ神(守護神)としてあった。

卑弥呼は天照大神と同一で、卑弥呼の後継者である台与(トヨ)は、伊勢神宮外宮に祀られる豊受(トヨウケ)
大神と同一人物という説がある。
カムヤマトイワレヒコ(神武天皇)は、大和を治めるニギハヤヒの娘・イスケヨリヒメを嫁として迎えた
というより、逆に入婿として入って大和を統治したという説もあるが、個人的には納得できるが、この時代は

続きが気になる....

12/12/23 (Sun)
Category:考察
ローテーション式いじめ
ctime: 12/12/23 (Sun) 23:55
昨今、子供のいじめの問題が話題になっている。
まだ明るみになっていないいじめは山ほどある。

ローテーション式いじめというのがあるが、このいじめのほとんどは表に出ない。
これは近年の新しいいじめのスタイルなのか、昔からあった風習なのかはわからない。
このいじめ現象は、外国の社会ではあまり見られないだろうと思われる。
少女漫画などでありそうないじめだ。

グループ内(クラス内)で誰かがいじめられる。集団のいじめ加害者は、1人のいじめ被害者に様々な
嫌がらせの手口を使って、追い詰めようとする。
しかし、一定期間がたつと、そのいじめが何事もなかったように収まり、次はグループ内(クラス内)で別の誰かが
いじめの標的になる。標的は誰でもいい。これが繰り返される。元いじめられっこは、いじめ側に加わってる場合があるかもしれない。
これを「ローテーション式いじめ」と呼ぶことにしている。別の呼び方がわからないので、この呼称にしている。
ローテーション式いじめが成立するには、外部の人間(特に親・教師)にバレてはいけない。どのタイプのいじめにも
言えることだが、バレないようにするには、いじめ被害者本人にしかわからないような嫌がらせをする。
なので、教師はこのようないじめに気づかない。

このいじめは巧妙だと思う。なぜなら、いじめの黒幕がわかりにくいようになっている。
しかも、元いじめられっこが、いじめ側に加担していたら足を洗いにくい。他のいじめっこもだ。
当然、いじめというのは、いじめ側が多数であることなので、世の中はいじめ加害者・加担者が圧倒的に多い。

続きが気になる....

12/12/13 (Thu)
Category:考察
日出ずらぬ地
ctime: 12/12/13 (Thu) 4:39
万葉の時代、西日本の人々は、常陸国を「日出ずる国」と呼んでいた。
常陸国は日本の東の端にある国だと認識されていた。
神話時代、大国主大神は、常陸国の少名彦命と共に国づくりに励んだと伝えられる。
茨城県笠間市には出雲大社分社があり、日が沈む国「天日隅宮」の島根県出雲大社と結んでいる。

1.桜田門外の変、天狗党の乱

1853年にアメリカのペリー艦隊が、浦賀港に来航し、開国要求にせまる。そして翌年、徳川幕府は
日米和親条約を結ぶ。ここからが幕末の始まりだといわれる。
4年後の1858年、アメリカ総領事のハリスは、幕府に対して日米修好通商条約の締結を強く迫る。
大老の井伊直弼は、朝廷や外様大名などの反対意見を押し切り、弾圧を行ってまで、条約を結んだ。
安政の大獄は、特に水戸藩にとって許しがたいものだった。水戸と薩摩の浪士は、桜田門外にて
彦根藩の行列を襲撃し、井伊直弼は刺殺される。直弼の死は、表向きには病死とされた。
また、2年後に坂下門外にて水戸浪士が老中・安藤信正を襲撃させ、負傷させる。

水戸藩では、尊皇攘夷激派の声が大きくなっていく。藩内では、この者たちを「天狗党」と呼んだ。
水戸藩士・藤田小四郎(藤田東湖の四男)や武田耕雲斎の呼びかけによって、浪士、農民など約1400人が集結し、
筑波山で挙兵する。日光東照宮の占拠のため向かったが、日光奉行の通報を受け近隣各藩の兵が
出動したため、参拝が目的であると弁解した。天狗党代表者数名が参拝を終えると、大平山をへて
筑波山に戻る。幕府・水戸藩は天狗党討伐を始め、高崎藩に対して200人を出兵させる。

続きが気になる....

12/12/08 (Sat)
Category:考察
内閣の暗部
ctime: 12/12/08 (Sat) 23:44
日本の権力構造は、複雑でわかりにくい。
総理大臣が短期で辞任が続くのは、国民の目から見ても、総理大臣が最高権力者なのは
表面上だけというのは明らかだ。
たまに、国民からの絶大な支持を受ける政権が現れるが、それは不満のガス抜きにされているに
過ぎないと考える。そうだとしたら巧妙だ。
日本には、突出した権力者がいない。ある人は財務省、ある人は財閥、ある人はマスコミ、
ある人は警察・検察などと言う。
今回は、その一例を出してみる。

1.内閣法制局

内閣法制局は、法解釈を担う内閣直属の行政機関。憲法上には内閣法制局の規定はなく、
法解釈を担う根拠は、内閣法制局設置法からきている。
法制局は、閣議が国会に提出する法律案・政令案等について矛盾がないかどうかを審査する。
その審査はとても厳しく、了承がなければ国会に提出できない。解釈解釈と言い、総理大臣に
意見を述べるどころか妨害できる。中央官僚の間では「法匪(法律ヤクザ)」と呼ばれるほどだ。

内閣法制局長官は認証官ではないが、非・認証官でありながら、常時閣議への陪席が許される。


続きが気になる....


前のページ無し次のページ