| 円の人 | 説明書
空想妄言日記
日々のこと、日常感じたことをつらつらと綴る。
d汁

プロフィール

着眼している人
墓々
のと

最近のカテゴリ
日記[45]
バトン[1]
健康[3]
時事[1]
趣味[2]
仕事[7]
恋愛[1]
料理[5]
就活[8]
音楽[3]
曲配信[1]

SunMonTueWedThuFriSat



1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

Category:音楽
11/04/17 (Sun)
Category:音楽
物欲バスター ※補足説明
ctime: 11/04/17 (Sun) 23:04
下の記事での機材は、音楽業界や趣味以外の方には馴染みの無い機材だと思いますが、
実はこれらの機材の音をみなさんどっかで聞いてるはずなのです!ほぼ90%以上の確立で。

市販されているCDや配信データは必ずミキシングやマスタリングといった工程を経て、売り出されます。
アーティストや歌手が録音してそのまま売るわけではありませぬ。
そのまま何も処理してない録音の音を聴くと、皆様きっと聞くに堪えないことでしょう。

レコーディング(録音)→ミキシング(声や様々な楽器・シンセなど録音した音を一つに混ぜる)
→マスタリング(その混ぜた音の最終的な音質の調整)→CD完成→発売

という大まかな流れがありますが、ミキシングやマスタリングでは下の記事の機材が大活躍します。
高音域を調整して空気感をプラスしたり、低音域を出して迫力を出したり、音圧を上げたり…などなど。
よくCDではうまいのに、ライブではちょっと下手かな?というのは、
CDでは裏方の職人が最高の機材で最高の仕事をしているためなのであります。

その職人のスタジオでよく使われているのが下の3つの機材(他にもたくさんあるが)で、
大半のスタジオには置かれていると思います。だからみなさんの聴いてる音楽にも、きっと使われているはずです。

う〜ん、なんでオレこんなこと書いたんだ…?さっきまで酒飲んで少々酔ってますた。
まあとにかく、Enjoy music♪
10/12/11 (Sat)
Category:音楽
オーディオ機器が暖房代わり
ctime: 10/12/11 (Sat) 18:47
もう随分寒いんですが、部屋にはまだストーブや暖房は入れてません。
電化製品やオーディオ機器からの放熱があるので、何となくまだ大丈夫。
まあ夏は逆でアレだけど・・・。

真空管機器などのオーディオ機器に囲まれてコーヒーをゆっくり飲む・・・
というのが憧れで、自分の部屋をそういう空間にしようと取り組んできました。
まあなんせ値段がトンデモな額なので、なかなか買えないですが何点か集まってきた。

部屋を暗くして、VUメーターや真空管の光を眺めながら音楽を聴くのが良いっすねぇ〜。
蒸気機関とかヴィンテージアンティークとか趣向する方にはわかってもらえるはず。
まだまだプライベートスタジオへの道のりは遠いが、コツコツちょっとずつ集めるのが楽しみなのである。
10/10/08 (Fri)
Category:音楽
真空管
ctime: 10/10/08 (Fri) 18:35
最近ハマってるものの一つが真空管。

普通の一般の方は、はるか昔の懐かしい部品という印象だと思います。
が、自分の趣味であるオーディオ関係の分野では、ちょっと熱い視線をそそがれてるアイテムなのです。
色々な音楽機材の部品の一つとして、まだまだ現役で使われている。

なんでこんな昔のものが現役かというと、真空管によって音が変化するから。
その変化は「暖かみのある音」「太い音」など、良く受け止める人が多いため人気があるようです。

自分も試しに真空管サウンドを聴いてみましたが、う〜んなかなかどうして心地よい音な気がする。
ほんのりノイズがのった独特の空気感?ってのがあるような気がします。

真空管と一言言ってもたくさん種類があって、種類ごとにまた違う音質があるようです。
色々聞き比べるのも、なかなか面白そうだ。

しかし…金銭面ではあまり良い趣味とはいえないな^^;

前のページ無し次のページ無し