| 円板 | 円の人 | カテゴリ | 運営者 | 説明書


 TOP 

びより

随筆です。http://hito.enbbs.jp/essay/index.cgi/883/CategoryList

プロフィール
お名前:勘助
好きなスポーツは大相撲。

最近のカテゴリ
雑記[703]
大相撲[102]
映画[19]
謎謎[36]

<< 20年 04月 >>



1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930


20/03/09 (月)
6:35 想像以上に異様な雰囲気。見てるとマジで不安な気持ちになってくる。勝昭がめっちゃテンション低かったけどすごい共感した。
始まる前は珍しいもの見たさでけっこう楽しみだったけど、これが15日続くとなるとちょっと怖い。まあきっと慣れますがね。

備忘録的にいろいろ書いておこう。順序適当。

向正面解説が、升席奥に設けられた大きな白い箱のような中で行われる。舞の海が閉じ込められてて面白かった。
正面実況席もアクリル板で仕切られているためか、カメラ位置が違ってて違和感がある。解説の親方の側から少し見上げるようなアングル。
力士へのインタビューは、いつもお客さんが力士に声をかけてるロビーでやるとのこと。記者とは柵で距離を取っていて、さながら動物園。
横綱土俵入り、いつもヨイショーと声がかかるところで当たり前だけど全く声がしなくて、あまりの寂しさに笑ってしまった。面白いんじゃなくて寂しさで笑えてくる。
朝乃山が大関昇進のかかる場所。西の大関が不在なので昇進条件甘くなるかなって話の流れで、舞の海が勝昭の28勝昇進をいじる。このときは勝昭少し元気出たような。
場所前の取材で白鵬、「改めて相撲はよいものだなと。初めて見る人もいるだろうし。力士みんなが頑張っているのを見せたい」他力士が不安な気持ちを語る中、前向きでいい。
協会御挨拶で幕内力士と審判係の親方大集合だった。御前掛みたいで壮観であった。
八角理事長の挨拶がいつもの数倍長くて内容も感動的だった。挨拶というよりスピーチ。
あとその前にその大集合の中で徳勝龍が賜杯を返還してる光景が面白すぎた。

来場所、まあこれも普通に開催できるか分からないけど、満員の会場を見て安心したい。
※このエントリーへのコメントはログインが必要です。

春場所<<
20/02/23 () 22:53
>>無観客場所弐
20/03/16 (月)22:14