| 円板 | 円の人 | カテゴリ | 運営者 | 説明書


 TOP 

びより

随筆です。http://hito.enbbs.jp/essay/index.cgi/883/CategoryList

プロフィール
お名前:勘助
大切なものは目に見えない。

最近のカテゴリ
雑記[676]
謎謎[36]
大相撲[96]
映画[18]

<< 19年 09月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930





Category:大相撲
19/03/25 (月)
22:55 昨日が千秋楽だった。大相撲春場所。

白鵬優勝。しかも全勝。すごすぎる。
力が衰えてきたと言われて久しいが、ずっと強い。ほんと負けない。

63連勝のときを全盛期とすると、そのときは盤石で隙の見当たらない相撲。見ていて、あーはいはいっていう感じ。
立ち合い当たって、寄られて終わり。
それからしばらくしてここ数年は、飽くまで全盛期に比べるとだけど、必死さが感じられるような相撲が多くなっていた。
それまで冷静に淡々と勝っていたのが、気迫を全面に出した相撲に変わっていった。
隙を気迫でカバーしているような印象。
だからときどきダメ押しのかたちになることもあった。

続きが気になる....

19/01/16 (水)
9:24 寂しい。 
18/11/25 ()
18:48 貴景勝おめでとう。22歳ですよ。いやはや。
小さい体で馬力があってワクワクする。今場所は相手を圧倒する相撲がたくさんあった。

しかし高安悔しすぎた。悔しい。
取組内容は面倒なので書かない。

あと結び前の一番が荒れすぎだった。
これも面倒なので書かない。

来場所は横綱揃うのかなあ。どうだろう。
1:17 どちらが勝っても初優勝。
まあずっと応援してるので高安を応援します。
大関で優勝経験無いの高安だけだし。
こう書くと大関時代の稀勢の里を思い出すな。

それにしても今日の直接対決は負けたと思った。
あの体勢から勝つとは。

動画置いとこう。
http://twitter.com/nhk_sports/status/1066253175840075776
18/09/21 (金)
20:13 横綱同士の対決だった。感慨深い。
稀勢の里が横綱に昇進した場所は白鵬が途中休場。
その後ずっと稀勢の里が休場続きだったため、稀勢の里横綱昇進後としては初対決。
これがずっと見たかった。
一年以上も休場が続いて、もはや横綱同士としての相撲が見られないまま終わってしまうのだろうかと、諦めとまでは行かないがかなり危惧していたので、安心した。

どちらを応援すべきか。
白鵬と稀勢の里、どっちも好きなので、どっちも応援したい。
前々からもしこの一番が実現したら、横綱としてずっと先を歩んできた白鵬に勝ってほしいと思っていた。
しかし稀勢の里を応援したくなる要素が多いことが常で今場所も。
全体の優勝争いと稀勢の里の二桁勝利という点で、6:4くらいで稀勢の里を贔屓目に応援した。

続きが気になる....

18/09/09 ()
15:30 稀勢の里、果たして
18/07/05 (木)
21:50 八場所連続って字面のインパクトにもはや笑ってしまった。
18/03/25 ()
18:14 千秋楽結びの一番と徳永千奈美のインスタライブが被って困った。
どっちも見ました。

鶴竜おめでとう。
稀勢の里もこんな風に復活してほしいー。

今はabemaで表彰式を眺めてます。把瑠都と矢口真里。
17/11/29 (水)
17:13 引退してしまった。残念至極。ただ悲しい。

集中して研ぎ澄まされているときの日馬富士は本当にかっこよかった。
強いときの日馬富士は切れ味抜群で、相撲の一つの到達点を見せていた。
一言で言うと鋼という感じ。どんな攻撃も寄せ付けないスピードと気迫。
そして低く突き刺さるような鋭い立ち合い。からの突き。矛とか槍をイメージさせた。
いつからか最後の仕切りで蜘蛛みたいに沈むようになったのも楽しかった。
あれで会場がおーって湧くようになって。横綱昇進したらあんまりやらなくなったけど。
右回りする癖があって、千秋楽のこれより三役で西から上がると、最後一人だけくるっと回ってしまうのも好きだった。
千秋楽にあれを見るのが楽しみだった。毎場所見られるわけではない。
投げられるときに、なぜか笑顔になってしまう癖は謎だった。

続きが気になる....

17/07/21 (金)
18:36 白鵬、1048勝。
魁皇の記録を抜いて通算勝ち星単独一位。

白鵬おめでとう。

すごい力士を目の当たりにしているなあと改めて思う。

―――

このまま明日、明後日と勝てば今場所終わって1050勝。キリがいい。
日馬富士が千秋楽に向けて研ぎ澄まされてきたので、直接対決が楽しみ。

前のページ無し次のページ